子育て中ワーキングマザーの笑うアンチエイジングな生活
アラフォー・ワーキングマザーが30代のココロとカラダを維持をモットーに歩き続ける毎日を紹介します♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「うちのダンナは、全然家事をしてくれません。

大森さんのダンナさんは、いいですよねぇ。」

photo:02

うちのダンナさんも、有名になったものです。



なんでこんなに家事をしてくれるかというと、

そもそもこの人は、そういうことができる人だったからです。


「家事は、オンナがするものだ」という感覚がないし

手が空いてる人がやればいいものだと思ってるし、

家事って地味で面倒で、実に大変だってことがわかっている・・・らしい。




そんな彼に

「世の中のダンナさんは家事しないらしいよ。どうしたらやってくれると思う?」

と聞いてみたところ


「そりゃムリやろ。それはそういう人なんやから、しゃーない。」

と言ってました。


そういう価値感で、ずっと生きてきた人の認識を変えるのって、難しいんやろなー。





この前、戸田美紀さん ともしゃべってたのだけど、

「それは、結婚前のリサーチが足らなかったってこと」。


多分ね、いまダンナさんに家事をしてもらえる嫁達は8割、

結婚前から「この人はできる。」って、わかってたと思うよ。


だからやっぱり、

自分のライフスタイルを考えて、相手を選ぶ必要があるんだな。




みんな無意識かもしれないけど、何かを選ぶときはどこかでなにかしら理由があるはず。

そしていい悪いに関わらず、そのとおりの人・モノを選んでると思います。


私は私を自由にさせてくれる人がよかった。

亭主関白な人にも憧れたけどな~でもやっぱりムリだった。

あぶなかったぜ。





ひとつ言っておくとすれば、

家事を手伝ってくれるようなダンナさんでもね

他にあきらめなければならないような要素も当然持ち合わせている、ということです。


なにもかも、自分の思い通り動いてくれる人なんかいません。

どこかを重視して自分に合わせてもらい、どこかは相手に合わせる。


そうやって、「お互い様」で生きていくものでしょう。




まあ、ダンナさんのほうは

「お前があわせてることってあるんか?!」と思ってそうですけど。

image
気にしな~い笑。


いつもありがとうございますですから。


スポンサーサイト
1. 確かにー
うちも
「いろいろやってくれて良いね~」
と、言われますが
結婚する前からそーゆー話はしてました。
結婚してすぐから
「家事は私だけの仕事じゃない」
って伝えてたし。

そーゆー人と結婚するか
そーゆー風になれる人と結婚しないと
やっぱ無理ですよね。

そして、だからって
イイトコロばっかでもないし(笑)

まぁ、自分が完璧じゃないし
あんまりパーフェクトなダンナでも困りますけど(笑)
[2014/02/28 00:07] URL | かおび #79D/WHSg [ 編集 ]
2. Re:確かにー
>かおびさん
そうですよねぇ、なかなか人は変えられませんからね笑。そういう人がいいならば、そういう意識をせめて持ってるかどうかを確かめるのは、大事かも。それをとったら、また別のところでは違うわ~ってところもある。

お互いが欠点あって当たり前、それでもいいってことですね♪
[2014/02/28 07:57] URL | 京都土曜美人講座☆大森あゆみ #79D/WHSg [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ayumou01

Author:ayumou01
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。