子育て中ワーキングマザーの笑うアンチエイジングな生活
アラフォー・ワーキングマザーが30代のココロとカラダを維持をモットーに歩き続ける毎日を紹介します♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お客さんを集めるのが集客で、ものを売るのは販売です。

これまた、ニュアンスがちょいと違いますね。



お客さんを集めることなしに、販売は成り立たない。

けれど、集めたからと言って、販売が成り立つとは限らない。

商売って、奥深い~。





そもそも、最終目指しているのは「販売」「売上」であって集客ではない。



最後のゴールを常に意識する。

それを日頃から考えられることが、ビジネス脳っていうことなんだろう。

常に戦略を考える。いかに売るか利益を取るかを意識する。


で、その前に集客するということがあるわけだが。





まずは自分を知ってもらうことから始める。

自分がどういう人で、何を扱っていて、どんなメリットを与えることができる人なのかを

相手にわかってもらう。


自分を知っている相手は、ひとりでも多いほうがいい。

それが、潜在的顧客になるからだ。




しかし、そうそう簡単にはわかってもらえない。

似たようなものを扱っている人は、この現代社会では山ほどいる。


その中で、他の人より抜きん出て覚えてもらおうと思ったら、

「自分」を出すしかない。モノではなくヒト。

わかりやすいのがいいし、覚えやすいのがいいだろう。

「いい人」であろうとするのが一番薄い。



インパクトをだしたり、見慣れしてもらうのもいい。

なんしか「この人知ってる」という人を増やす。





「この人知ってる」な人達が増えてきたら、そのなかで

自分に興味・好感をもってくれる人たちが現れる。

それがどんな人で、どんな好みを持ってる人たちなのかは、わからない。

それは、よく観察したり直接聞いたりして、集まる層を把握する。


そこに集まってくれた人達に向かって、どんなものを出したら売れるのか。

何に困っていて、何があったら喜ぶのかをリサーチし、そのとおりの商品を提供する。


そしたら高い確率で、売上がたつことは明らかだろう。





そのくらいビジネスというのは、

「自分を知ってもらう」ことと「相手を知ること」が大部分を占める。

とってもシンプルで、わかりやすい構造である。


自分を知ってもらい相手を知り、出した答えが、売上と結びつかなければ

なにかを読み間違えたということだ。


再度、設定を変えて出直すしかない。




10個立てた企画のうち、2~3個あたれば普通である。

当たりはいつくるかわからない。

最初かもしれんし、7番目かもしれんし、最後かもしれない。


だけど、少なくとも2個は当たるのだから、

10個までは、がんばってやってみたらいいと思う。




「10個!?そんなにできません!」

というならば・・・





ビジネスじゃないことに手をだしたほうが、いいのかもしれないなぁ。







そんなことをふと思う夜更け・・・

スポンサーサイト
1. 移動中に、激しく共感
ビジネスというのは、
「自分を知ってもらう」ことと「相手を知ること」が大部分を占める。

確かに、改めて言われると、ここに尽きると思います。
普段、相手を知ることが大半を占めます。ほぼ、こればかりやってきたかもしれません。自分を知ってもらうことをもっと積極的にしたいな…と改めて感じました。


[2014/02/20 12:01] URL | 共進情報いんふぉ #79D/WHSg [ 編集 ]
2. Re:移動中に、激しく共感
>共進情報いんふぉさん
そうですね。受身だけではうまくいかない。
知ってもらえるように働きかける。自分に合った方法で。というところですよね。
[2014/02/20 16:43] URL | 京都土曜美人講座☆大森あゆみ #79D/WHSg [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ayumou01

Author:ayumou01
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。