子育て中ワーキングマザーの笑うアンチエイジングな生活
アラフォー・ワーキングマザーが30代のココロとカラダを維持をモットーに歩き続ける毎日を紹介します♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
午後からの解剖生理学セミナーも、わかりやすい説明に実例、実体験も含め、笑いあり、笑いあり、笑いあり…のてんこ盛りでした!

さっきから何度もまとめの記事を書いては消し、書いては消し…。

てんこ盛り過ぎて、うまくまとめられません(笑)。

1番印象に残ってるのは、

身体は「生きよう、外敵と戦おう」としているのだということ。

脳が指令を出し、身体の各部署が絶妙に絡まって、生命を維持する。

このシステムの完璧なこと、もうミラクルですよ。

なのに、これをぶち壊す行為をしているのが、何を隠そう「自分の愚行」なワケです。

食べ過ぎ、冷やし過ぎ、運動不足、安易な投薬、白砂糖過多、マーガリン・ショートニング、粗悪なサプリメントの摂取…。

頑張る身体に冷や水をかけてる張本人は、自分なんだな。

それでも、
「もう!アンタだいなしやん!あーもうやめた!!」なんて言わないんですね、身体は。

最後まで「治そう、生きよう」とするのです。なんてけなげな…

だから身体からのSOSが出たら放置してはいけません。

胃が痛むのはなぜ?

冷えるのはなぜ?

生理痛があるのはなぜ?

イライラするのはなぜ?


身体の仕組みを知っていれば、それが薬の投与だけでは効かないことがよくわかります。

だって身体は、「自律神経」「ホルモン」「免疫」が全て繋がって作用しているから。
photo:01

薬だけじゃなく、この三角形がどこも同じように作用している状態を作ることが大切なんですね。

例えば、冷え。

冷えると血液循環が悪くなり、女性ホルモンのバランスが崩れます。

女性ホルモンのバランスが崩れたら、不妊や子宮の病気になりやすくなります。また自律神経が異常を来たすので、感情が安定しません。

自律神経が壊れたら、細菌やウイルスをうまくやっつけることができず、体力が落ちます。

ここですべきは薬の投与でしょうか?

それもそうですが、まず冷えを治すことから始めないとね。

薬の副作用でさらに身体が冷えることもあるそうですから。

そしたら、さらに循環が悪くなって…もっとホルモンバランスが崩れて…感情が不安定になって…

と、病気スパイラルにはまることになるんですね。



巷には、色んな健康情報が溢れてます。

しかし、間違った情報で身体に負担をかける結果になるものがあるのも事実。

冬の朝一番にスムージーとか(笑)。

正しい身体の仕組みを知っておけば、そういう情報をつかむ可能性も低くなりますね。

主宰者の堀内瑠美さんも言っておられますが、「すべての女性に受けてほしい」セミナーです。


いやー、面白かった!

ふゆさん、瑠美さん、楽しくて役立つ1日をありがとうございました[みんな:01]

やった、まとまった!?

iPhoneからの投稿
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ayumou01

Author:ayumou01
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。