子育て中ワーキングマザーの笑うアンチエイジングな生活
アラフォー・ワーキングマザーが30代のココロとカラダを維持をモットーに歩き続ける毎日を紹介します♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分が持ってる「強み」ってなんだろうな・・・とちょっと考えてみた。


あ、強みって、

「他の人にはできないけど、自分には簡単にできてしまう生まれつき持ってる特徴」ね。


ちなみに能力は

「社会でうまく生きるために、後天的につけたスキル」ね。


多分ね。

※詳細はこちら

今から上西 宏一さんとこ行ってきます。新しい治療法開発するつもりでいる。オレは。今日のコーデはパンツが高本 愛の海外通販。

※FBよりお借りしました。



これまで、

「私の強みは、「書くこと」です。」と言ってましたけど、

よく考えたらそうでもなかったかな、と。


これまでだって、日記とか読書感想文あたりなら褒められたけど、

小論文はキライだったし、ゼミの卒論もキライだった。

論理的展開とか、やろうと思った瞬間できなくなるし。


書くこと全般が好きなわけでは多分ないし、できもしない。

好きなことを好きなように書くことが、ただ好きなだけなのだと思う。

それは趣味みたいなものだろう。




じゃあ、何が突出してるのかというと、もしかしたら

「相手の心の動きを読む」ということではないだろうか。



ここでこう言ったら、コノ人は笑う、とか

こうすれば、この人は許してくれる、とか

こんなことをしたら、喜ぶだろう、怒るだろう、涙を流すだろう・・・



なんだかすごくイヤなヤツみたいだが、

いっつもそんなこと考えてたように思い出す。

それはだいたい当たっていて、自分の中では小さくガッツポーズをだす。


これは別に人の顔色を伺っているんではなく、

「こうしたら、こうなんじゃないかな」

という仮説をただ、あてはめているだけなのだ。


妹・弟の方ならだいたいわかる、それですね。



なので、そういうことがわからない人を見ると

「そこでそんなことしたら、そうなるに決まってるのに・・・」と、イライラする。


なんでわからんのだ!!!

だからおかしなことになっていってるやん!!!と。




クレーム処理がめちゃうまかったのはその資質のせいだろうし

書いている内容が「共感できます!」と言ってもらえるのも

読み手の気持ちを何度も想像するからだろう。


お客さんを前に話すときも、誰かに手文章を書くときも、いつも考えることは同じ。


「どうしたら、相手の気持ちに沿えるだろうか」

「どうしたら、この場の雰囲気はほぐれるのだろうか」

「なんといえば、この方達の心は動くのか」



「強み」とは、「他人に合わせるために使う」のではなく、

自分を活かすために使う。


「話し方」と「書き方」というスキルを磨いて、

その「強み」に掛け合わせてさらに強くする。





あともうひとつ、自分の「強み」ってここじゃないかな、と思うことがある。

それが交わっているからこそ、

自分の文章をおもしろがってくれる方々がいるんじゃないかと・・・。


それはまたそのうちに。




私にもその強みあるー!!な方、やってみませんか?

【10月開催】人が集まる喜ばれる!成功するセミナー主催講座

スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ayumou01

Author:ayumou01
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。